スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

同学区の小中学校への働きかけ

2011-05-12
 ここ数日、自分が居住する地区の、小中学校へ電話にて、自分の家の周りにて執り行われる、特定不特定の学童による、騒音等嫌がらせ被害の報告とそれに付随する、先日近隣住民に対して行った物と同じアンケートの依頼等をして参りました。これらの被害はここ数年激化し、自分が実感している集団ストーカー犯罪の実地の調査における一連の活動形態です。
 
 私が電話にて被害の説明、アンケートへの協力を仰いだ小中学校はいずれも数十年前、自分が通い卒業した愛着のある母校です。ここで詳しい個別の被害内容の説明はしませんが、地域の学童、生徒によると思われる、異常な頻度とタイミングの大声、繰り返し行われる同じ言葉や仕草による、所謂アンカリング、仄めかしの類は私が実地にその存在の調査をしている集団ストーカー犯罪の真髄を表していると思います。

 この電話での働きかけに対し、極めて早急な聞き取りの対応をしていただきました。その行動力は地域の教育を担っている善意の公器として評価し得るものと思います。

 あまりに早急すぎる対応とこちらの意見を反映するより先の善意のご提言、自分の動画を素早く察知し、牽制するがごとき文言は一定の疑念を抱かざるを得ませんでした。この意見に対し、一家言ございましたら、ぜひお言いつけください。何度も申していますように主張に整合性があり、納得するに十分な場合はお聞きする事は吝か(やぶさか)ではありません。こうした活動の模様はご協力いただいた方々の許可を得た上で、最大限プライベートに配慮した動画として折々アップするつもりでございます。(既に一部許可は得ています。また公共の性質の高い案件にて必要以上の配慮はいらないと思っています。)

 もし、仮に聖域たる教育の現場が、私やそれ以外の多数の被害者が受けている事を主張する「集団ストーカー犯罪」の温床となっているのならば、今後の国の根幹を作り出す、未来の礎への重大な影響を懸念せざるを得ません。自分の所見ではかなりの浸透、支配の構造があり得るのでは無いかとの深い疑念と憂慮を感じるに至っています。

 今回多くのご進言やご助言をもらい、行動する事で次の行動の推進力となり得る事実を暫くぶりに思い起こされました。一被害者としては小さな力と影響力しかございませんが、これを読んでいただく方々に少しでも行動の大切さが伝わればと思います。

 自分は社会に確かに存在する、悪に対し正義の御旗を振りかざし対峙するが如く振る舞うつもりはありません。自分に現在降りかかる、生活と行動に加わる無言の圧力と、実際、得体のしれない苦痛を伴う身体への虐待等、重大な疑念を払拭し、よりよい社会、国家が脈々と未来に続く事を切に願っているにすぎません。振り返れば鬼哭啾啾たる路傍に一輪の花を手向けつつ歩みを進める活動と申しましょうか。 



20110509中学校への電話
20110509小学校への電話
20110510翌日の騒音状況
20110511小学校教員聞き取り調査 1
20110511小学校教員聞き取り調査 2
20110511小学校教員の視察 01
20110511小学校教員の視察 02
20110511小学校教員の視察 03
20110511中学校教諭の自宅訪問と調査 01
20110511中学校教諭の自宅訪問と調査 02
20110511中学校教諭の自宅訪問と調査 03
201105121422小学校教員来訪調査01
201105121422小学校教員来訪調査02



 これをお読みになった、被害者の方々、また、社会の病理の存在を認識し憂いている方々へのお願いがあります。私たちの集団ストーカー被害者の会の活動にご賛同の意思がお有りでしたら、ぜひこちらを参照してご協力よろしくお願いします。


 
スポンサーサイト
tag :

集団ストーカーと公的機関の関わり、警察の対応 3/30

2011-03-30


  3/30 ノイズキャンペーン 1
   
  警察に電話している最中もガキを寄越して盛んにノイズキャンペーンをしていた。 

  3/30 ノイズキャンペーン 2
  
  その日の朝、ゴミとして出したバナナの皮を早速仄めかしてきた。毎回ゴミを持ち去って開けている
  のは間違いないと思われる。

  創価警察 3 
  

  3/29の加害工作動画
  



tag :

集団ストーカーと公的機関の関わり、警察の対応

2011-03-24


 ここ2~3日ハイテクの加害が少しだけ緩められている感じだった。ローテクの方もノイズキャンペーンを中心とした加害は雨のせいか減っていた。しかし、また、計画停電で録画デバイスが止まり、音声を記録しているビデオもバッテリーが上がると同時に、いつもの子供の大声でのアンカリング、仄めかし、音楽族バイク、隣の接骨院でのドアバンが激しさを増してきた。同時に超低周波振動、超音波等のハイテク攻撃もレベルを上げられた。ハイテク攻撃に関して何度も書いているが、地域の電力事情とは一線を画すシステム構築がなされているらしく、停電になっても一向にやむ気配がない。しかし、体感上、いくつかの加害波というか痛み、振動が普段より少なく感じる。それでもこの辛さは加害を受けている人間しかわからないだろう。
 
         

           
   

 本日、今年に入って第二回目となる、警察への電話をした。kingfisherさんにも何度も言われていて、実行する気でいたが、少し加害が緩むとなんだか億劫になってしまい、間隔があいてしまっていた。氏のブログの記事からbridgegateさんのブログに行きつき、背中を押してもらった気になり、今日早速警察に掛けてみることにした。加害者側も当然BGさんのブログは知っており、被害者が電話してくることは当然織り込み済みと思われる。それがあってか、この間の対応とかなり違った対応となった。詳細はアップした動画を見てもらえばわかるが、電話の操作上の不手際でちゃんと録音されていない部分がある。次回からは気をつけたいと思う。



 まず、KFさん、BGさん(略称にて失礼)がこの事を取り上げた意義は今後、被害者の活動を考えると非常に大きいと思う。警察はあくまでもカルトに籠絡され尽くした訳ではなく、利権や利便性でもって利用しているにすぎない。現状で世に漏れ出しているカルトによる悪事の数々は警察機構にとって決して看過できるものでも無く、そのマイナス面を吸収できるほど強権と信念は持っていないと思われる。教祖の動向もあり、今までのようなやりたい放題の状況は今後、永遠に続く見通しが無いことは被害者だけでなく、加害者側の方がより危機感として理解している事だろう。いざとなったら警察(国家)は暗部を一切押し付けた上でカルトを切る事など簡単にやってのけるだろう。そうなる前に私たち被害者が負けてしまっては犬死以外の何物でも無いのである。



0323cult_01.jpg 0323cult_03.jpg
 
  今日のカルト ここって確か↓ですね あくまでもカルトが寄ってきますね

ishii11.jpg



 この度、集団ストーカーの被害者で作る「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」に参加する事となりました。付きましては、GSTNGUNMAを立ち上げる方向でおります。群馬在住の集団ストーカー被害者はぜひご連絡ください。追って情報等を記載したいと思います。よろしくお願いします。






tag :

公的機関の関与(創価警察、消防、自治体、自衛隊、他)

2011-02-06

2010/1/18
毎日想像を絶する大量動員による加害工作を受け、地獄と感じていたある日
通勤時、前の千葉ナンバーのトラック(これもアンカリング工作)が赤信号にもかかわらず発進する、
釣られて行きそうになる(ここまでは良くある。しかし、問題はその後で、タイミングよく警察が来るのである。その時は本当に衝撃を受けた。

赤信号で行きそうになるとタイミングよく現れる警察


迷惑 夜中に大声で叫ぶ酔っ払い パトカーが3台も来た 2




消防車のガスライティング 救急車とコラボ



飛来するヘリ


20110214 ヘリ




tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。