スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2011年3月8日

2011-03-08


2011年3月8日
 今日は、夜中から、工作のオンパレードを受けた。夜中1時にまた、踏み切りがなったが、電車は来なかった。夜中3時前に寝ようと布団に入ると外で大きなドアバン。何事かと見てみると接骨院の前に白い車が止まっていて、ドライバーが何やらガサゴソやっている。そして、バンバンドアバン、ギーギーナットを回したりのノイズキャンペーン三昧を30分に渡って繰り広げた。夜中3時にこれをやる異常性をぜひ見ていただきたい。

      

 ずっとそうだが、電磁波、超音波超低周波振動も、ここの所少しだけ落ち着いていたのだが、また、最大レベル近くまで上がっている。非常に頭が痛い。昼間もいつものガキ工作員が「あー」「じゃねー」「ばいばーい」等のアンカリングを大声で叫ぶ。これは一見普通に使われる言葉で目くじらを立てるような言葉では無いと思われるかもしれないが、それが奴らの狙いで、自分が良く使う言葉、なんかでつかった言葉、或いは言葉に何らかの本人しか分らないキーワードを混ぜて仄めかすのだ。「あー」などはここ1年くらい集中的に工作されていて、このブログのコメント欄にも書かれて晒したが、宗教を騙る集団なのに本当に醜悪な性根をしている。自分の動画に登場する子供工作員が必ず言っているので見てもらいたい。

        
 
2011年2月22,23日記事 「あ」 アンカリング
2011年2月27日 掲載画像 「あ」

 一昨日の記事でも少し触れたが、3/2付けの日経新聞で広島のマツダで起こった無差別殺傷事件の被疑者である引寺被告の公判前整理手続きのめどがたたないと言う記事で「集団ストーカー」と言う言葉が初めて大手の新聞紙上に載った。この事は海外で集団ストーカーを表す「Gangstalker」と言う言葉が向こうの新聞に載り、以後急速に社会に広まった経緯と符合するんじゃないかと言う事を、集団ストーカー被害者のSunameri Bubbleさんがコメントにて教えてくれた。

 
              マツダ工場無差別殺傷事件、公判前整理手続きめどたたず

 
12人が死傷した昨年6月の広島・マツダ工場無差別殺傷事件は、殺人などの罪に問われた引寺利明被告(43)の起訴から4カ月がたったが、公判前整理手続きのめどがたたない。争点をめぐる意見の違いから、引寺被告と弁護団の調整が長引いており、被害者家族からは不満の声も上がる。

 公判前整理手続きは争点や証拠を絞り込み刑事裁判を迅速化するのが目的で、最高検は「起訴後、半年以内に完了させることが望ましい」としている。最高裁によると、2009年5~12月に審理された否認事件は起訴から手続きの終了までの平均が3カ月余りだ。

 これまで引寺被告の弁護団は、心神喪失で責任能力がないとして、無罪を主張する方針を表明。殺意も否定してきた。

 一方、引寺被告は広島拘置所で取材に「責任能力を争うかは検討中」と話した。犯行の動機について「マツダで複数の従業員に嫌がらせ(集団ストーカー行為)を受けたこと」を挙げ、殺意については「なかったとは言えない」と述べている。

 両者の意見の違いについて、弁護団の久保豊年弁護士は「責任能力の欠如は被告も納得している。殺意の有無はこれから被告と打ち合わせる」と説明。「(公判前整理手続きが)遅れているという認識はない。年内に終了すればいい」として、時間をかけて引寺被告との調整を進める方針だ。

 こうした弁護側の状況に、被害者の家族は「手続きが長引けば、事件のことなどを考えてしまう時間が増えるだけ」と不満を漏らしている。

 ▼マツダ工場無差別殺傷事件 広島県府中町のマツダ本社工場と隣接する広島市南区の宇品工場で2010年6月22日、出勤中の男性社員12人が次々と車にはねられ、1人が死亡、11人が重軽傷を負った。広島県警は殺人や殺人未遂などの容疑でマツダの元期間従業員、引寺利明容疑者を逮捕。精神鑑定の結果、広島地検は完全責任能力があると判断。昨年10月29日に殺人罪などで起訴した。

〔共同〕





0308_1414_5885_6464.jpg


関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masurao2631.blog.fc2.com/tb.php/33-a7fc7627

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。