スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

2011年3月11日

2011-03-12



2011年3月11日
 大きな揺れを感じて、「あー、地震だ」と思っていたら、いつもの感覚では直ぐ収まるのに、なかなか収まらない。そんな揺れが3分以上続いたて、1階に下りるとお袋が怖がっていたので、何かで聞きかじったトイレが良い(狭く4方に柱があるため)と言う話に基いて2人してトイレに入った。その後もかなり大きな横揺れが数分続いた。自分はここ群馬県に生まれて暮らしている中で一番大きな地震と思った。昔、祖母が生きている頃、関東大震災の経験談を聞いたことがあるが、揺れが凄くて地面に這いつくばっていたと言っていたのを思い出した。昔は今と違って大きな建物やさえぎる物も無いので、東京方面が(火災で)真っ赤に光っているのが見えたそうだ。
 幸い、家の中の物やガラス類が落ちたくらいで体感的に感じたほどの被害は無かった。急いでTVを点けると、まだ津波が来ていないようだったが、かなり大きな地震という事を言っていた。画面に埠頭が写っていて、黒い自動車が埠頭にこれ見よがしに入っていく映像だった。お袋とわざわざ入って行くのがいるよとか言っていたが、その後、ご存知の通り歴史上未曾有の大地震となってしまった。その車は恐らく助かっていないだろう。少しして地震報道の経過をお袋から聞いて驚愕した。想像を絶する規模と被害である。
 
 暫くして部屋の片付け等をしていてもちょっと窓辺で外を見ると、相変わらずいつもの集スト車、チャリ、歩行者がいっぱい沸いてきた。年末の掃除の時も散々やられたが、奴らは行事や災害時も全く関係ないらしい。隣の接骨院は相変わらず特大ドアバン工作員がいっぱい来ていたし、今日もガキが馬鹿みたいにわざとらしくデカイ声で「あ」「じゃねー」「バイバーイ」とタイミング良くアンカリングをして来た。全く本当にどうしようもない。
 超音波、超低周波も昨日ほどではないが、相変わらずである。地震が起こってから、若干弱まったのは何か意図があるのだろうか?今もずうっと余震が続き、ブルブルと体感できる、そして電気の紐などの揺れで、目視でも確認できる。この余震といつもの超低周波振動は感覚的にちょっと似ていると思った。超低周波振動は特に目に見える揺れと言うものが無いのに、体では極端に不快なブルブルという振動をずっと感じる。当然、自然の地震も非可聴域の音声周波数を含むのだが、この余震は恐怖感こそあれ振動自体はそんなに不快ではないと思った。なぜだろうか。

 昔から、国の為政者が悪いから天変地異が起こると巷でよく言われる事だが、この大災害が起こった起因は今の民主党、菅首相が悪いからだ、と言っても否定する理由も無いと思う。実際最悪であるし。早くも16年経ってしまった阪神大震災の時の村山首相は菅さんがなる前は戦後最悪とか言われていたが、菅さんはそれをも凌駕する最悪さと思う。この東北、関東にまたがる大地震はマグニチュードのエネルギーに換算すると阪神大震災の約180倍もあるそうだ。単純にその数値に例えると、菅総理は村山総理より180倍最悪だという事か。冗談はさておき、この震災で亡くなられた方のご冥福と被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

 1995年の阪神大震災の年、オウム真理教の暴走と崩壊があった。その法則が発動して今年、この大地震の後、日本最大のカルトに終末が訪れるのではないか、とふと思った。 



03111519001.jpg


関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masurao2631.blog.fc2.com/tb.php/36-912a6105

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。