スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ブログが飛んでしまって更新出来ませんでした。

2011-03-21



突然、何の前触れもなく、ブログにアクセスできなくなり、ブログを表示しても潰れていて、表示できませんでした。原因はわかりませんが、とりあえずFC2に問い合わせのメールを送りました。カルトの妨害だろうか? 自分が更新する時間帯に合わせたクラッシュに何者かの意図を感じざるを得ない。

   

復旧したのでmixiの日記を転載します。



                   海外の被害者からのアクセス

 自分のyoutubeのアカウントに海外の被害者と思われるアカウントからコメントと招待があった。無謬に信用するには少々抵抗があったが、どうやら本当っぽいので、取りあえず該当の動画に拙い英語でサブタイトルを入れて、訳も入れておいた。その動画を見たのか、次々と向こうの被害者と思われるアカウントからメッセージが来た。タグには英語の集団ストーカー用語を必ず入れるようにしている。どっちにしろ、国内でも工作員による似非被害者からそれ風に装って連絡が来るので、順次判断すればいいと思う。自分の動画には極力英語でのサブタイトル等を入れようと思う。自分の動画が世界の人に見てもらえば、被害にあっている人以外にも映像で理解が広まればと思っている。


 春の日差しの中で段々暖かくなって来てはいるが、加害組織による攻撃は全く緩む気配がない。寧ろ、何度も指摘するように、この非常事態の最中、激化している。いったい何を考えているのかと思うが、答えは我々一般人には到底解らないのだ。カルトの子供による加害行動が依然行われているが、全く子供らしくない悪意に満ちた表情、仕草。自由に伸び伸びと遊ぶべき小さな子供が親の命令で、一人のターゲットに朝から晩まで張り付き、ちょっとでも姿が見えたならここぞとばかりに小躍りして騒ぎ出す。手口が分かり切っているので、もう何とも思わないが、この子供の成長した姿こそがその親のカルトなのである。中学生位になると自らの意思と培った手練手管で様々な加害工作をしてくるが、やはり、そこには自らの能動的な意思など無い。この様なカルトが支配する世の中を想像すると戦慄すら覚える。そのバックには支那朝鮮がいるのである。

      



 韓国のレスキュー隊が引き上げるそうです。たった6人くらいの救助隊と数匹の犬でやって来たのは早かったが、引き上げるのも早い。放射能の危険性を理由としいているが、他国はまだ引き上げてないし、避難所の被災者も含めて皆、危険性は一緒だ。大震災直後にも関わらず、日韓スワップ協定の延長を急かし、似非日本政党の民主が快く引き受けたら、もう用はないと言わんばかりである。そう言われても文句は言えないはずだ。



 この度、集団ストーカーの被害者で作る「集団ストーカー被害者の会ネットワーク」に参加する事となりました。付きましては、GSTNGUNMAを立ち上げる方向でおります。群馬在住の集団ストーカー被害者はぜひご連絡ください。追って情報等を記載したいと思います。よろしくお願いします。



関連記事
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://masurao2631.blog.fc2.com/tb.php/45-699e8a55

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。